二人展ありがとうございました!

2020年1月24〜26日に東京・鳥越のdoremifaさんで開催した、史枝+ayaka daimon二人展「小さじ、すりきり一杯」、無事に終了いたしました。お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました。
3日間という短い期間にも関わらず、たくさんの方に作品を見ていただくことができ、また直接お話することもできて、とても幸せな時間でした。
SNSなどでも気にかけていただきまして、ありがとうございました。

今回は私自身、絵を描き始めた時に使っていた水彩絵具を使っての制作でした。原点回帰…ともいえるような、絵を描く楽しさを改めて実感したものでした。ZINE “Halló juornal”のvol.2も発行することができ、vol.1を読んでいただけた方にもまた手にとっていただけることがとても嬉しかったです。このZINE制作はまたライフワークとして続けられたらと思っています。
引き続き制作するためのエネルギーをたくさんいただきました。本当にありがとうございました!

最後になりますが、doremifaの夏実さんドイツ−日本間の遠距離のやりとりにもかからず、準備から当日までたくさんのサポートをいただきました。改めてお礼申し上げます。