“Freutägliches” – Thank you for coming!

Posted on 6月 4, 2018 in blog, info.
“Freutägliches” – Thank you for coming!

“Freutägliches” — joyous everyday things
ayaka daimon illustration solo exhibition

  • freutaegliches_img1
  • freutaegliches_img2
  • freutaegliches_img3
  • freutaegliches_img4
  • freutaegliches_img5
  • freutaegliches_img6

///English below

個展、無事に終了いたしました。
お越しいただいた皆様、開催にあたって協力してくれた友人たち、そしてsowaleの只松ご夫妻にはあらためてお礼申し上げます。ありがとうございました!

ベルリン2年目の春、二度目となる個展をsowaleさんで開催することができてとても嬉しかったです。
前回ポスター作品をメインにした展示とはすこし方向性を変えて、今回は原画を主に展示させていただきました。

普段、ご依頼いただいて制作したり、ポストカードやZINEとして発表する際には、紙に描いた原画たちはいわば裏方…出来上がった印刷物等が主役になるので、その裏方だった作品たちを主役として見てもらうという体験はとても新鮮でした。

お店を入ってメインの壁には額装したイラストレーション作品を、奥の部屋にはドローイング作品を展示していました。
この「イラストレーション」と「ドローイング」という分類ですが、個人的に定義を少し分けていて…
イラストレーションは、何かを伝えるための明確な意図や目的を持った作品、ドローイング作品は、構図やタッチもその時感じるままに”イラストレーション”よりも少し力を抜いてスケッチに近いかたちで描いた作品、という位置づけで考えています。

展示した作品は、個展に向けて新しく制作したものが大半です。
当初個展開催が決まった時は、すべて「イラストレーション」を額装して展示しようと考えていました。
ところが、その「イラストレーション」の制作を進めていた3月〜4月・5月上旬、ベルリンは春に向かっていくまっさかりで日照時間もみるみる延び、街が草花で明るくなっている、プラスのエネルギーに満ちた季節…そんな力強い春のエネルギーに感化され「私ももっと自由に、のびのびと描いてみたい」と思い、急遽ドローイング作品を増やしたい衝動に駆られ、今回の展示形態に至りました。

今回の展示は自分にとって「イラストレーション・ドローイング」ー「描くこと」とは何なのかの位置づけを改めて見つめなおすよいきっかけとなりました。「描くこと」自体が私のFreutäglichesであることも、またしっかりと全身で体感したような気がします。

“Freutägliches”-日々を豊かにするものたち、がテーマという、内容はやや個人的なものになるかと思いますが
ひとつひとつの作品はあらためて少し解説つき(?)でウェブやSNSで公開してゆきたいと思います。
ポストカードやグッズ等も増えてきたので、近いうちに日本に向けても販売できるようオンラインショップを準備中です。
また、お取り扱いしていただけるお店がございましたら、ぜひお声がけいただけますと幸いです!

My solo exhibition has successfully ended. Thank you very much for coming!

I had my first solo exhibition exactly one year ago at sowale. Now it is my second year in Berlin, I was really happy to make it again. Last year I exhibited my poster works however this time I decided to show my original illustrations and drawings.

My original work is normally “behind the scenes” of printed products, like postcards or ZINEs. Therefore, it was a new experience for me that they, original work (illustrations and drawings), got a spotlight.

= illustrations and drawings =
Personally, I have a different definition between “illustration” and “drawing”.
“Illustration” has a specific meaning or purpose to give out some information.
On the other hand, “drawing” means more spontaneous, relaxed, simply planned like sketch for me.

I made almost all of the illustrations and drawings particularly for this solo exhibition.
At first, it was a plan to exhibit just only framed “illustration”. However, when I prepared this solo exhibition, a beautiful spring had come to Berlin. Plants and flowers grew brilliantly everyday and the city got beautiful colours. I was so inspired by this positive energy of spring and then I thought, “I want to make “drawing” more spontaneously, freely, like this cheerful atmosphere of springtime”. Ultimately, I separated my works into two sections, “illustration”, featured on a wall of the main room and “drawing”, featured in the back room.

This exhibition was a good motivator to consider again what is the meaning of “illustration and drawing” for me. Needless to say, they are also one of my “Freutägliches.

I will post these new works on this webpage and Instagram etc. In addition, I am currently working on my new online shop. You can purchase postcards and other products soon!

Thanks again to Tomomi and Yasu (sowale) and my friends for your big support!